2016年10月26日

旬の活け造り

20161026131236474.jpg
posted by sktop at 13:13| Comment(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一週間前の
海!
20161025235622243.jpg
20161025235641180.jpg
20161025235700139.jpg
20161026000313786.jpg
ええ散歩やったわー
(゚∀゚ノノ"☆パチパチパチ★
posted by sktop at 00:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月25日

九州に出張!

じつは一週間前の話なんだけど
九州に出張してきました!

4号が納車され
慣らしも兼ねて走りましたわー!
20161025010432233.jpg

大分、遠いな〜
( ゚∀゚):∵グハッ!!

http://blog.goo.ne.jp/tsuribakazuhisa/e/05f8b900ad38a807cb630b9407d2f50a
↑と、待たせてしまったが
無事に佐賀関に到着!

早速、船を拝見
思ってたより
船だったわ
( ゚∀゚)ウァハハ八八ノヽノヽノヽノ \

不覚にも感心してしまった、、、
20161025010354482.jpg

さてさて、秤1号は叩き台にして
少し真面目に
いいもん作ったろか
しゃあないなぁ♪
posted by sktop at 01:07| Comment(0) | 業務報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月12日

1号、お疲れ様でした

創業以来
営業、運搬、カラオケとして
大活躍してくれた当工房1号
ラクティス
約11年、走り続けてくれて
お疲れ様でした
20161012114112376.jpg
フロントガラスが壊れてなければ
まだ乗っていたかもしれないのが残念…
最後の仕事はゲンタロウ様への配達になって晴天のドライブになりました
機械に感情は無いとわかっているけど

今までありがとうございました
20161012114520030.jpg
posted by sktop at 11:46| Comment(0) | 業務白書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月08日

万能

20161008181818728.jpg20161008181748791.jpg20161008181852472.jpg
posted by sktop at 18:20| Comment(0) | 撮り鉄画像蔵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月06日

コピ・ルワック知ってますか?

コピ・ルワックというコーヒーを
ご存知ですか?
私は、この度初めて知りました

インドネシアでルワックと呼ばれるジャコウネコが
熟したコーヒーチェリーを食し
未消化で排出された豆から作られたコーヒーが
「コピ・ルワック」です。
オランダ統治時代の厳しい生活の中でコーヒーを好んだ農民らが
そのわずかな豆を集めて飲んだことが始まりです。
(萩原珈琲カタログより)

かなり希少性の高いコーヒーなんです!

他のコーヒーとは違う独特の香りと味わい!
かといい、悪い癖は全くありません
(私個人的な感想)

20161006141305193.jpg
この希少なコーヒーが
小野市でいただけるんです

場所は
小野市と言っても、加東市との境目!
喫茶バニー」です

サイフォンを使った本格派コーヒー店
数種類のコーヒーと月替わりのコーヒーが楽しめるお店です

ただ、希少な豆の為
無くなり次第終了となります
お店の話では
恐らく年内で入ってきている豆が無くなることは間違いないみたいです

播州のコーヒー通の方!
ぜひご賞味下さいませ!
(追記!
この記事を載せたかったのは
9月末だったのですが
記事が消失し、慌てて今日再投稿しています
コピ・ルワック、、、さらに、希少な感じになってるかもしれません、、、)

喫茶バニー
兵庫県小野市古川町26−2
8時〜17時まで
木曜日休み
(10月はインドのコーヒーあります)

コピ・ルアク(インドネシア語 Kopi Luwak)とはジャコウネコの糞から採られる未消化のコーヒー豆のことである。「コピ」はコーヒーを指すインドネシア語、「ルアク」はマレージャコウネコの現地での呼び名である。日本では, コピー・ルアークコピ・ルアックルアック・コーヒーとの呼称も通用している。独特の香りを持つ。産出量が少なく、高価である。
(ウィキペディア参照)
posted by sktop at 14:33| Comment(0) | オススメのお店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする